トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    故障や事故で修理をした車の履歴は、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    事故や故障での損傷が軽く、適切な処理が施されているならば一般的な修理車に含めて考えない場合もありますから、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    査定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、メールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、参考価格を知ることが可能でしょう。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、大して参考になったという意見はないですね。

    原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし全損はおおまかにふたつに分けられます。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    保険の支払額というのは時価計算で、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも無料で出張査定に来てくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    中でも減点対象としてはずせないのは車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない事態になりかねません。

    修理知識と実務の経験があるのなら問題ないのですが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    親密な間柄のこととは言え、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、大切な事柄に関してはきちんと書面にしたためるべきです。

    口約束だけで済まそうとする相手とは、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を用意しなくてはなりません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところが違ってきます。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取りしてもらうことはできます。

    しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では絶対に買取可能だとは言い切れず、査定が高く評価されないことを覚悟した方が良いかも知れません。

    売却するのが改造車の場合は、じゅうぶんな知識と理解があり、専門の販売ルートを確立している改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。

    その車の状態によっては改造車でも高く査定して貰える可能性がアップします。