トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    大手の中古車販売店ではプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを考案してリリースしていますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でも査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、今から査定するつもりの車の過去において修理したことがあったかどうかが確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    多くの買取業者に査定をお願いする事を俗に相見積もりといいます。

    これをいつでも可能にしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それから、この相見積もりは、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに実際の査定をしてもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、受け付けている買取業者は多いことでしょう。

    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、中古車を積極的に買い取るのです。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    普段使っている車を売る際は、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、車がないと困る人は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

    もし必要だと思ったら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを担当者に聞いておくと安心です。

    業者から高額査定を引き出すコツとしては、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    その点、自宅で入力するだけで済むネットの中古車査定一括サイトほど便利なものはありません。

    登録にかかる時間は5分ほどで、それだけでたくさんの会社の査定額を知ることができますから、時間も短くて済みますし、何度も同じ作業を繰り返すストレスもありません。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から先を争って電話連絡が来ますから、それはそれで面倒です。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、複数のチェック項目ごとに基準値を設けて加点減点を行い評価額を割り出します。

    そこで必ず減点対象となるのは、ボディやバンパーの目立った傷、ヘコミでしょう。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、却って減点が大きくなるケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    実際に自動車を手放そうと考えたときに、ディーラーに下取りに出した方が良いのか中古車買取会社に売った方が良いのかは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、なにより簡単です。

    それとは反対に、所有する自動車をちょっとでも高く査定してもらいたいのであれば買取業者に査定を依頼する事をお勧めします。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、査定額を上げることも可能になります。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかし、あくまでも目安ですから、旧型の自動車の場合には通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車売却の際には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    大々的に即金対応可能と明言していないところでも、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

    しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、査定額が少々低めに提示されても致し方ないかもしれませんね。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、後者が優先順位が高かったらすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。