トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    中古車の査定額を幾らかでもアップさせるポイントは、中古車の買取に出す前になるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、隠し通すことはできません。

    ですが、車の悪臭や車内のシミ、汚れなどは個人の力である程度は消滅可能なのです。

    中でも喫煙の習慣があった人は、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースではマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人修理することは止めた方が無難です。

    事前に自分で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を低く抑えることができるからです。

    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域が大体決まってしまうこともあるのですね。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、大概初年度登録から経過した日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい競争を促し、査定価格の底上げを図ることもできます。

    一方、ディーラー下取りでは価格競争の必要がないので高額な金額はつきにくいです。

    ただ、同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    車内の掃除が行き届いていたり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    ユーザー個人が出来る掃除であれば業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    査定時に車がきれいだと、大事に乗っていたのだろうと思われますし、買う側だとて人間ですし、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    所有者が絶対に中古車査定の際には同席しなければいけないといった強制的なルールはないものの、本人不在で起こりうるトラブルをあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、所有者がいなければわかるまいとこっそりキズをつけて本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    買取業者に車を査定してもらう時は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば訪問査定は金額的に良い結果が出やすいのでメリットが大きいです。

    ひとつの店に持ち込むのと違って一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、同業他社と査定額を争うことになり、比較的高額での売却が可能になるからです。

    車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、少々大変かも知れませんが自分でオークションに出して売ることも可能です。

    個人でオークションに出品する場合には、これから売却する自動車の写真や内容の説明をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    その他に自分が重要と思ったことに関しては、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。

    自分が車の所有車になっているということは、使用していなくても維持費がかかってきます。

    2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、パーキング代も余計にかかるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのか存分にあれこれ検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。