トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    査定の専門家にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、ウソをついてしまったという事実があると担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も存分に考えられるので、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    実査定の時や、売却する際には、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、契約を交わした相手の個人情報を記載しておく義務が発生するからです。

    売却予定の車を査定する基準というのは、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで見積金額のアップが狙えます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、正直にハッキリと伝えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    中古車の見積りではそれらはプラスになることはまずないからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートは購入希望者は多いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、そこそこ良い価格がつきます。

    一部のブランド品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    見積りの結果に納得して売買契約に署名捺印するとなれば、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、最新の納税証明書の原本が必要です。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    複数の買取業者に査定してもらい、高値で売りたいと思っているのでしたら、ウェブにある一括査定サービスなどを使えば、かなりの時間と労力が省けます。

    スマホ対応サイトも増えているので、思い立った時にすぐに査定依頼を出すことができます。

    必要事項を入力して査定結果が出てきたら、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと実際に話してみましょう。

    しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、対象から外しておいたほうが無難です。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと既にプラス査定は期待できなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車を手放す直前に車検を通しておくことは有益ではありません。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    買取業者に出してもらった査定額は、永遠に有効なわけではありません。

    買取金額の相場は常に流動的ですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに即決できないときは示された見積金額がいつまで有効なのかきちんと確認するべきです。

    保証期間に関しては交渉次第と言う部分もあるのですが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件を満たせば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    保険会社に対し自らが書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。