トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりけりなので、流行があれば一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    売ろうと考えている車の査定相場が幾らくらいかを知りたくなったら、ネットを介して車の一括査定サイトを使って知る手段もありますが、買取希望車のメーカーのWebサイト上で価格を確認するという手段もあるのです。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKでその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、無料の中古車一括査定サイトを使ったときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    中古車販売の営業さんの話を鼻から信じ込んでしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    現時点での査定相場が前もって幾らぐらいになるかを調査しておき、相場価格よりも安く提案された際に値段の駆け引きをする準備をしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は日本車とは比較にならないほど少数で、取引の実績値に乏しく、買取業者としても値付けが難しいからです。

    それでも処分したいと思うのであれば、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    中古車買取りでは無料一括査定サイトがいくつもありますので、上手に使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱いトークが始まるのですが、それが普通なので即決はしないほうがいいです。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが良い査定額を引き出すコツなのです。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、各社の金額を見比べた上で取引の交渉に臨むのは当然のことなのです。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でだいたい1万キロというのが相場です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    もう完璧に動かすことができなくなった不動車でも、最初から売ろうとしないのは間違っています。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    部品単位でみれば故障してないものもあるでしょうし、これらに対して価値を見いだして見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。

    そうは言っても、通常の買取会社だと不動車と言うだけで断られるケースもあるので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    優先順位が楽な方が良いということであれば、楽な方はディーラーです。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、手間がかからないのが良いでしょう。

    時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならばディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、見積金額を引き上げることも可能になるでしょう。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、型式が古い自動車の場合には一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    愛車を売ろうという場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると却って不調になることが多いのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。