トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう少々の傷やへこみ等は、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、それ程気に病む必要はないといえます。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったりしっかりと目で分かるへこみ、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、それを回避するために自らお金を出して修理しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    これらの多くは車売却の際に受け取れるのが一般的ですが、キャンペーンの中には無料で中古車査定を実施するだけでプレゼントされる事もあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施すると幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したら実際にやってみると大変お得でしょう。

    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、実際に査定に出す前に出来るだけ自分で掃除しておくことです。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどはセルフメンテである程度は消滅可能なのです。

    中でも喫煙の習慣があった人は、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと実車査定に応じてくれるものです。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    しかしながらわざわざ休日に骨折りしてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、極めて短時間で成果を得ることができます。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から先を争って電話連絡が来ますから、覚悟は必要かもしれません。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    保険の支払額というのは時価計算で、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。

    実際の価格と違うように感じたら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく買うときにも提出する必要があるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    思いつく限りの業者を当たってみても引き取ってもらえなかった場合、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    プロに頼む利点は、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分費が無料ということです。

    全部というわけではありませんが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    一個人が持っている車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、わからないときには確定申告をするときに税理士に相談するなどして対応してください。