トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    一般的に中古車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定スタンスが少々違ってきます。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえればかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    どんな分野の売却においても同様でしょうが、毎日売却の査定額は変わっていきます。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性が限定されてしまうこともあるのです。

    しかし、どんな車種でも言えることは、初年度登録日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    程度にもよるので一概にはいえませんが、タバコの臭いが車内にこもっているときには査定時に減額されるでしょう。

    過去に喫煙したであろう車は、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には絶対的に売れないからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    買い取りに出す前に徹底的に車内をキレイにすることで、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    代替となる手段がある人は別として、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でも当然のようにしてくれるわけではないのです。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、代車手配の有無については査定を申し込む前に一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、俗に「過走行車」と言われます。

    一般の中古買取店などで査定してもらってもタダ同然になることが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている中古車屋に打診するというのもありです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、どうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、忘れがちなことですので、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無をはっきり聞いておくべきです。

    仮に有料だったとしても、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が介在しない分だけ、売却側と購入側双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですからとても面倒ですし、お金の支払いに関するトラブルが多くなる可能性が高いです。

    支払い方法に関しては、分割払いを避けるようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。

    この方法を選択する利点としては、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。

    中には相見積もりを依頼すると嫌悪感をあらわにする業者もいますが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は車購入の意思が大きく、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。

    相見積もりは少しでも高値で査定してもらうために効果的な方法といえるでしょう。