トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    これは中古車査定の場合だけではなくて、どのような分野に関しても言えることですが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    数個の悪い口コミを発見しても、その悪いコメントだけに振り回されてしまうと結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、頑張って無料査定をしてみて、その査定時に自らが持った感想で判断していくことが最良の方法となるに違いないのです。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、今すぐにでも売却したいという思いを前面に押し出すことです。

    ちょっと気になるから査定だけしてもらうけどきっと売却は後回しになりそうな人よりも、話が決まれば直ぐにでも売りますという相手の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、是非うちの店で取り引きしてくれるように高めの査定額を提示してくる可能性があるのです。

    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    そして、電話やメールアドレスも記載せずに中古車の相場価格を知る手段としては、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、参考価格を知ることが可能でしょう。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    それは意思表示です。

    つまり、金額さえ満足なら即決してもいい位の気持ちがあることを相手に理解させるのです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まれば中古車として販売する前の下準備の段取りがほぼ本決まりとなるため、お互いに金額交渉が比較的うまくいくわけです。

    車の中がきれいに掃除してあったり、前もって洗車して磨き上げたところで、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。

    所有者がする程度の掃除なら、あとから業者のほうでも出来るからです。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。

    査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    査定の時に天気が悪かったりすると、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、マイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、業者自身も見づらいのは分かっていますから、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は晴れた自然光の下では断然見栄えがします。

    お天気次第でどちらが良いということは言えませんのでいまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書が必要になってきます。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは違うことを覚えておきましょう。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

    新しい車を買う時に古いほうはディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    買ったところで売るのですから、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくという事実があることは忘れてはいけません。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりならやはり買取業者に勝るものはありません。

    自分で自動車を持っていると、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    ましてや、駐車スペースがなければ、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうかじっくりと考えてみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。