トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    もちろん程度問題ですが、タバコの臭いが車内にこもっているときには中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    車内にタバコを吸っていた形跡がある車というものは、タバコを吸わないユーザーには売ることは至難の業だからです。

    この煙草の臭いの元は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、大幅に臭いを抑えることが出来るでしょうね。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、おおまかに説明すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車の内部の臭いや汚れの有無、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    これをいつでも可能にしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それから、この相見積もりは、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに実際の査定をしてもらって、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大方引き受けてもらえるはずです。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時はあらためて用意すべき書類等はないものの、実際に売却する段階になれば、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、結婚で姓が変わった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは提出書類は増えます。

    車を売る気持ちが固まったら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    いままで乗っていた車を売却すると、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    代替となる手段がある人は別として、車がないと困る人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でも当然のようにしてくれるわけではないのです。

    あとになって慌てないよう、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか確かめておく必要があります。

    中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると高額査定が期待できるという説があります。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には来てくれるならいつでもという構えで多くの業者に来てもらったほうが良いに決まっています。

    ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、査定の金額も高くなるからです。

    実車査定で正式な買取額を知りたいなら、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいはあらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということでおすすめです。

    休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり査定士もここが正念場とばかり上限価格を提示してきます。

    そのおかげで比較的高額での売却が可能になるからです。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、自動車売買のときに限らずに売買契約をするうえではとても大切なことです。

    サインと捺印をすれば、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    記載された中古車の状態は適切か、金銭面で分かりにくい箇所はないか、じっくりと確認することが大切です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずにスタッフに質問することも重要になってきます。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をする必要性は低いのです。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。