トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    中古車を見積もる際の基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、正直にハッキリと伝えましょう。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合にデメリットになることは、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から一気に勧誘の電話がかかってくることがあるでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、とても迷惑に感じるときには、現実的に売却予定が立っていなくてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は車の見積もりの際に大々的に減額される要因の一つになるのです。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、状態やニーズ次第です。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかし肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、マイナス評価が入ることもあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。

    中古車屋に車で行って直接査定してもらおうと思っているなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    ただ、飛び込み査定のときはまったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    ですから相場より安い価格で買われてしまうこともあります。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうがより高い額で売却することができます。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、連絡先の選択は注意するポイントです。

    買取業者からの電話攻勢がすさまじくて面倒な思いをすることもあるでしょうが、複数の買取店舗で見積もってもらうのは車を高額で売るためには必要なことです。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、査定額の相場を知るためには複数の業者に査定してもらうのが得策だからです。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに騙されてすぐに売却を決めない方が良いです。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    日々変動しているのが中古車相場ですから、期限付きで査定金額の補償をしてくれる買取店が一般的です。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに即決できないときは提示された査定額の有効期限がいつまでなのか事前に必ず聞いておくべきです。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、あまり長い期間同じ査定金額で買い取りして欲しいと交渉するのは難しいでしょう。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げる時があるので要注意です。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば責任があるのは自分側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、自ら承服する必要はないと言えます。