トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定額が下がるのが普通です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    査定前に個人で修理しても、その修理に要した経費より多く見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    たいていの場合、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で査定額が分かる証明書が必要になった際には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、無料で査定してくれるわけではありません。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    中古車を高値で売りたいならば、査定を一店舗で終了させないで査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    その店以外の店舗が見積もった金額を見せることで査定金額が変化することがたくさんあります。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺かもしれないので気をつけましょう。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、売却見積もりを依頼してもタダ同然になることが多いです。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている会社に最初から依頼した方が良いです。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。

    中でも減点対象としてはずせないのはボディやバンパーの目立った傷、ヘコミでしょう。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、大きなマイナス点をつけられる場合もあります。

    自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    売却予定の車を査定してもらう場合、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあるとやはり減点になってしまいます。

    自分では臭いと思わなくても、自分はそこに馴染んだ状態になっていてわからないということもあります。

    思い当たる人は臭わないかどうか誰かに確認してもらうと良いでしょう。

    消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても付着したにおいはとれませんので、内装を徹底的に拭き掃除すると良いでしょう。

    自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    いくら親しい友人であるからと言っても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、重要な項目に関しては書き残しておくと良いでしょう。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

    思いつく限りの業者を当たってみてもほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    あとは廃車という選択肢もありますが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    そうした業者の取り柄というと、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分費が無料ということです。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

    売却側と購入側に中間業者が介入しない分だけ、両者が得なように売ったり買ったりできるのです。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、金銭関係でトラブルになるかも知れない可能性が高まります。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにするとトラブルを少なくすることが出来るでしょう。