トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、最新式のカーナビでない場合には査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビゲーションシステムが付属していない場合には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    売っても良いかと考え中の中古車にこれでは売却したくないと考える査定金額を店舗側から提示された場合、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車の査定をしたからといって、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えると一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、車検を実施して直ぐに売却をしても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    他社製のホイールを履いた車を売る場合は、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていはホイールは純正品のほうが査定に加点がつくことが多いです。

    良い状態をキープできるよう、できるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。

    状態にもよりますが、他社製ホイールというのはオークションでなかなか良い値段がつく例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車業界では減点査定の対象となります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    けれどもそれで諦めろといったことをここで書くつもりはありません。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、状態やニーズ次第です。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかしその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、減点の対象となります。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

    車を売却しようとしてウェブ上の見積りサイトで査定依頼を出すと、出張査定の約束を取り付けようとする営業電話が殺到するのが普通です。

    そこまで対処している暇がないという人は、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    強引な業者ともなれば夜中でも朝でも仕事時間中でさえも常識を無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、いつ連絡があろうと気を使わなくて良いのです。

    基本的に自動車の査定時において、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    修理の腕に長けていなければ、一見するとキレイになっていてもプロの査定士が判断すれば綺麗に修繕されていない可能性も高いからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いということとは違いますから注意しましょう。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売却サイドから考えても高く売れる好機であることに間違いありません。

    車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、当然のように買取金額も上昇します。

    一般的に会社の決算月である3月と9月はその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、買取店での価格交渉も有利に行える可能性が高いのです。

    9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。