トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    所有する車を売りに出そうと決定したのならば、先ずした方がベストなことと言えば、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    相場が分かっていることによってとても安い値段で取り引きさせられるリスクを回避することが可能ですし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、限定された種類の車の販売を得意とする、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、やっぱり軽の販売専門の業者の方が多分買取額が高くなるはずです。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、そこで判別可能です。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際にプレゼントされることが可能ですが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと一定のポイントが貰えるなどです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったら実際にやってみると大変お得でしょう。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

    素人による清掃はあとから業者のほうでも出来るからです。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    汚いままでは業者も不愉快でしょうし、逆に清潔でキレイにしてあれば、気持ち良く値付けが出来ます。

    点数をつけるのは担当者ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

    事実を隠すという行動は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    実際、契約書の中にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    車を買い取る前に行われる査定では、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    そんな中で確実に減点されるのは、誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、むしろやらない方が良かったなどという場合もあります。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、頑張って自分でやってみようと思わずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

    愛車を手放した後から、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額を通達されることがたまにあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側に非があると言えるのですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば非難される覚えはないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が古い車の場合1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車売却の際にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいるとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。