トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、名前などの個人情報の記載をなるべく控えたいという時には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、車を手放すときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、相手の名前などをしっかりと記録しておく義務があるからです。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分けると車種や車体の色などの基本性能、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定が高くなる場合には、新型のカーオーディオやカーナビシステムが搭載されているケースなどです。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    大手チェーンの中古車販売店の多くは、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品等の多くは車を売ることで受け取ることができますが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    具体的にいうと、ネット上の特定のページから無料査定を行ったらネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったらぜひ査定してみるとお得ですね。

    車を査定する際には車の所有者が必ずその場にいなければいけないとする約束を設けている業者はいないと思いますが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題をあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    トラブルの例としては、人が見ていないのを幸いとばかりにもともと何でもない部分に傷をつけたりして本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、減点は避けられません。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、減点の対象となります。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    車の買取を行っている店舗に車を持って行ってその場で実車査定を受けるなら、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが飛び込みOKというところが多いです。

    ただ、持ち込みということになると基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    つまり本来の価値より低い価格で買われてしまうこともあります。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうがより高い額で売却することができます。

    今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、売却金を即金でもらいたいと相談すれば実現する場合もあるでしょう。

    でも即金で対応してもらうと言うことは、査定額が少々低めに提示されても致し方ないかもしれませんね。

    現金をすぐに持ち帰りたいのかちょっとでも良いから高額で査定してもらいたいのか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    更に、保険金の還付があったとしても自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。

    保険会社に対し自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検切れまで残り半年くらいになると見積金額アップは望めなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。