トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほど査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は「過走行車」と呼ばれて、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    自分で実際に店舗に足を運ばなくても、車の査定をネット上で可能なサイトはたくさん存在しています。

    もっと具体的な査定額に関して言えば査定担当者が実際に中古車を見てみないと算定不可能でしょうが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときの短所には、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    はじめは自分で利用したわけですし、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、車を売る決心をしていなかったとしてももう手放してしまったと言い訳をするのが一番楽に断る方法でしょう。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、即断するのは間違いです。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが一番の高値を引き出すためのお約束です。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、金額の比較ができるようになってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    本来のホイールから他メーカーのものに交換している時は、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

    一般的な査定では、もともとのメーカー品を装着している車のほうがプラス査定がつくことが多いのです。

    保管中に状態が悪化するのを避けるため、屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    人気のある他社製のホイールはオークションでなかなか良い値段がつく例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

    しかしながらディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は日数があくこともあるわけです。

    日常的に車を使う人は、訪問査定等を申し込む際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    業者によっては台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため念には念を入れて確認しましょう。

    自分の所有する車を売ろうと思ったときの選択肢には3つあって、第一は自動車買取会社に売却すること、ディーラーに引き取ってもらうこと、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    自動車オークションに自分で出す場合には、車体の内外の画像や状態を説明する文章を他の人が読んだときになるべく理解しやすく記載することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    これ以外に重要だと感じた事柄については、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    保険会社に対し自らが書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は買うときにも提出する必要があるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。